2011年03月

東日本大震災 【杉村・元気に営業中】



2011年3 月 11 日午後 2 時 46 分ごろ、マグニチュード 9.0 を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生しました。
本日、16日現在でも余震が続き予断を許さない状況となっております。

東北地方を中心に死者数は3676人に上り、家族や知人から届け出のあった行方不明者は7845人で、死者と行方不明者は合わせて1万人を超えています。

地震と津波の犠牲者に心からお悔やみを申し上げます。

被災地では、まだまだ大変な状況が続いておりますが、被害の少なかった地域の私達が1人1人出来る事をやっていければと思います。


DSCN0155
DSCN0156
栃木県宇都宮市の弊社は、倉庫の中にたくさんの品物がありましたが、幸いな事に大きな被害をありませんでした。
DSCN0158
よく確認した所、事務所後ろにあるお稲荷さんの燈篭が少しずれてました。
倒れなくて良かったです。


地震の影響により、福島原発や燃料、食料、水、など色々な所に影響がでております。
国では、計画停電という節電の為の事を始めました。
DSCN0157
弊社は、今の所は停電にはなっていないのですが、出来る事からという思いで無駄な電気を使わないように努力しています。
人がいない所の電気はつけない、
DSCN0165

自動ドアなんてもってのほかです(手動で十分)。

DSCN0159

まだまだ、色々と状況が変わり、情報が交錯し、普段通りの生活に戻るには時間がかかると思います。
ただ、その時間が、形ある物を必ず元に戻し、人々の気持ちも落ち着かせます。

今までには体験した事のない恐怖を経験し、普通じゃない状況に直面している今、微量ではありますが、杉村塗料㈱全社員で力を合わせて頑張って行こうと思います。

最後に、繰り返しになりますが、避難所に居る全ての人が一刻も早く笑えるように祈っております。
そして、犠牲者の方々へ心からお悔やみを申し上げます。





光触媒講習会


2011/3/2に福島県郡山市の恒南電気様のご依頼により、丸昌産業 開発の早川様による光触媒講習会が弊社2階で行われました。
(光触媒とは、太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料です。)


DSCN0105
DSCN0107

光触媒については、ほぼ始めての勉強会の為なかなか難しい事が多々ありました。
わかりやすく理解すると、雨が汚れを洗い流す感じです。
太陽や蛍光灯の光と雨水によって汚れを分解除去が出来る機能をもつようだ。
reaction

会議室で約1時間の講習ののち、調色室にて塗装実習を行いました。

DSCN0110
※恒南電気様3人も来て頂きました。


今回使用した材料です。
DSCN0119
※M-クリーン 下地処理剤(AB)
DSCN0120
※M-クリーン M-6
DSCN0121
※M-クリーン MV-5

いざ、最初はローラーで挑戦です。
DSCN0111
DSCN0113

この商品は透明度がかなり高いので、ローラーで塗ってみても塗れてるのかどうかちょっと分かりづかったですね・・・。(透明はそうゆう物なのですが)
DSCN0114
DSCN0116


しかもアルコール系の為、1人が塗り終えて次の人が塗るときにはすでに飛んじゃってました。
DSCN0115

DSCN0125

その後、吹付けも挑戦してみました。
DSCN0127
DSCN0129

やはり、吹いても透明は分かりづらいので逆にローラーよりしっかり塗れてるか難しいかったです。
(通常、現場では印をつけて施工するようです。なるほど。)

DSCN0131
クロスにも塗れるので、室内の消臭も期待できますね。


DSCN0132
DSCN0134
コンクリートの3枚(奥:無塗装 真ん中:保護剤のみ 手前:保護剤+M-6)
水を吹きかけてみると、無塗装は水を吸っていました。保護剤のみは撥水をしていました。保護剤+M-6は撥水した上に水が流れ落ちていました。汚れも落ちていたのでしょうね。

以上、色々と勉強になりました。
丸昌産業さんありがとうございました。
気になる方は丸昌産業さんのホームページまで。
http://www.marusyosangyo.jp/mclean/

記事検索