久しぶりの更新になります。
今回は関西ペイントから発売された新製品「ハイドロサーチ」の紹介をしたいと思います。

3月11日の地震後、水素ガスを取り扱っている工場では水素ガスの漏洩が大きな問題になったそうです。
水素ガスは常温では無色無臭の気体で、とても軽く、非常に燃えやすいといった特徴ため少量の漏洩でも大きな事故につながりやすいからです。
取り扱い、保存等「高圧ガス保安法」などで厳格に取り決められていますが地震などの災害の時には保存容器の破損、パイプ結合部の緩みなど漏洩につながってしまうような危険な事態に繋がってしまうかもしれません。

そこで今回紹介する塗料が「水素ガス漏洩箇所検知塗料ハイドロサーチ」になります。
ハイドロサーチは水素ガスにふれると変色し、水素ガスの漏洩箇所を目視で確認することができる屋内用の機能性塗料になります。

ハイドロサーチイメージ

上の図のように水素ガスに塗膜に触れるとクリーム色から徐々にグレー色に変色していきます。
この色の変化によって微細なピンホール等からの水素ガス漏洩箇所の特定が目視で可能になります。

今回は普段紹介している塗料とは違って,普通に生活していても触れる機会はない商品ですが
この塗料のように塗料は思いもよらない場所で使われていることもあります。
ちょっと気してみると意外なところに使われているかもしれません。