【宇都宮】

窓に塗る塗料!!遮熱塗料エコサーモコート

今回紹介する塗料は窓に塗って外部からの紫外線、赤外線を防ぐ塗料エコサーモコートです。
この商品は他にはない利点として現状の遮熱塗料のなかで唯一の水性の商品ということです。
エコサーモコートカタログ
エコサーモコートカタログ02

6月に遮熱フィルムの紹介をさせてもらいましたが前回の物は窓に張るフィルムだったのに対して、今回は窓に塗布するタイプのものになります。
この商品は前回紹介した遮熱フィルムと性能的な面では大きくは変わりませんがそれぞれにメリット、デメリットがあるので紹介させていただきます。
 ①施工後の見た目
エコサーモ01DSCN0387
    上 エコサーモコート         下 遮熱フィルム
上の画像を見比べるとるとわかるのですが微妙に表面に段差が出来てしまっています。
このように見た目的には少々悪くなってしまいます。

②施工の簡単さ
 施工の前準備に当たる窓掃除、窓の養生などの手間は遮熱フィルム、エコサーモコート共にさほど変わりませんが施工はサッとローラーで塗っていくだけなので遮熱フィルムほど難しい条件もなく非常に簡単です。
実際に施工している動画があるので見てもらえるとわかりやすいです↓

遮熱フィルムの方の施工は6月の記事に施工法が書かれていますので良かったらご覧ください。

③施工価格についてはお問い合わせください。

 来年以降も節電や省エネといった考え方は継続的に続いていく物と思われます。
価格、見た目を考えて節電に備えてこんな塗料使ってみるのも良いのではないでしょうか?

新商品紹介、水素ガス漏洩箇所検知塗料ハイドロサーチ

久しぶりの更新になります。
今回は関西ペイントから発売された新製品「ハイドロサーチ」の紹介をしたいと思います。

3月11日の地震後、水素ガスを取り扱っている工場では水素ガスの漏洩が大きな問題になったそうです。
水素ガスは常温では無色無臭の気体で、とても軽く、非常に燃えやすいといった特徴ため少量の漏洩でも大きな事故につながりやすいからです。
取り扱い、保存等「高圧ガス保安法」などで厳格に取り決められていますが地震などの災害の時には保存容器の破損、パイプ結合部の緩みなど漏洩につながってしまうような危険な事態に繋がってしまうかもしれません。

そこで今回紹介する塗料が「水素ガス漏洩箇所検知塗料ハイドロサーチ」になります。
ハイドロサーチは水素ガスにふれると変色し、水素ガスの漏洩箇所を目視で確認することができる屋内用の機能性塗料になります。

ハイドロサーチイメージ

上の図のように水素ガスに塗膜に触れるとクリーム色から徐々にグレー色に変色していきます。
この色の変化によって微細なピンホール等からの水素ガス漏洩箇所の特定が目視で可能になります。

今回は普段紹介している塗料とは違って,普通に生活していても触れる機会はない商品ですが
この塗料のように塗料は思いもよらない場所で使われていることもあります。
ちょっと気してみると意外なところに使われているかもしれません。

今話題の遮熱フィルムを張ってみました。

今夏の節電に向けテレビなどで取り上げられて話題になっている
遮熱フィルムを社内の窓に張ってみました。
同じ様な遮熱効果を持つ住友3Mの商品などはもう品薄状態になってしまっているようです。
そんな遮熱フィルムを販売するにまずは体感してみようと社内の窓に張ってみました。

必要な道具は下の画像+霧吹きです。
霧吹きはどのようなものでも大丈夫です。
DSCN0397

まず洗剤を混ぜた水とスクレーパーで窓の埃などを取り除きます。
ゴミや埃が付いたままになっていると張り終わった後フィルム表面に凸凹ができてしまいます。
DSCN0372

掃除が終わったら窓のサイズに合わせてフィルムをカットします。
実際の窓より少し大きめにシートをカットします。
DSCN0374

いよいよ貼り付けます。
張る際にはフィルムと窓の間にある空気を効率よく抜く為に下の画像のスキージーという道具を使います。
 DSCN0375

窓とシートの糊面にさっき使った洗剤入りの水を吹きかけ窓の上の部分とシートの端を少し離して
位置を決め余ったシートを窓の端に合わせて定規などを使いきれいにカットします。
DSCN0389

後はシートと窓の間の空気をスキージーを使って抜いていきます 。
コツとしては真ん中から端に向かって少しずつ丁寧に抜いていく感じです。
DSCN0380

片面完成です張ることによって体感温度が2~3度ほど下がるといわれています 。
DSCN0382

フィルムで体感温度が下がることによってエアコンを使う時間も少し減らせるのではないでしょうか?
暑い夏を乗り切る為このようなアイテムを使って電気代節減や節電に意識を向けてみてはどうでしょうか?

使用した遮熱フィルムは
中川ケミカル Safety Control SC-710H CSミラー と SC-850 サーモZC
お問い合わせは
毛塚まで。

会社の外壁を塗ってみました。



image1
image3

logo4

1.素地を綺麗にします。
      まず、塗装する面のお掃除。汚れを落として塗装する前準備です。
      この時、スコッチブライトなどのウールブラシを使用すると綺麗になります。
DSCF5523

2.汚れ防止対策をします。
      事前にポリマスカーロール等を使い、汚れ防止対策をします。今回使った物は300mm幅の
  フィルムと布テープが一体になった物でとても貼りやすかったです。

DSCF5535
DSCF5529


  

3.下地を塗ります。
      汚れ防止が終わったらいよいよペンキの出番。まずは下塗りの塗料を塗ります。
      今回は日本ペイントの「水性カチオンシーラー」を使用しました。

DSCF5515

DSCF5539

道具はローラーを使うと手軽に塗れます。

DSCF5520

※隅の部分(ローラーが届かないところ)は刷毛を使います。


DSCF5521

4.下塗り完了。上塗り塗装前までちょっと時間をおきます。


DSCF5527

5.いよいよ上塗り塗装。

     今回使用した塗料は関西ペイントのアクアシリコンACⅡ

     こちらも下塗り同様ローラーを使用します。

DSCF5517

1回塗りだと少し下地が透けている気がします。


DSCF5540


2回塗りで仕上げました。

DSCF5542




b1carlo壁の塗装は以上です。皆さんも気軽に塗装を楽しんで下さいネ~!

DSCF5564


社内の壁を黒板塗料で塗ってみました。

塗ったところが黒板になる塗料『チョークボードペイント』で社内の壁を塗ってみました。
黒板といっても皆さんがイメージする濃いグリーンの黒板とは一味違います。
下のカタログどおり10色の中から好きな色が選べます。
チョークボードペイント
 2011年04月28日16時20分26秒
 
まず下準備として余計なところを塗らないようにマスキングし軽く目荒らしします。

DSCN0328

その後、塗った後に塗料が剥がれたりしないように下塗りを塗ります。
DSCN0329

下塗り後、壁が全体的に白っぽくなっています。

DSCN0330


 乾いたことを確認して
グリーンエレファントCOのチョークボードペイントをペイント。
DSCN0332

真っ白だった壁(鉄板パーテーション)がカラフルな黒板に変わりました。
実際に書いてみるとこの通り
僕たち塗装素人でも、塗料ののびがよく、隠ぺい性も高いので
塗りやすいですね。
ただし使用するローラーは、マイクロファイバーの毛のローラーが
泡立ちがなくてオススメですね。

DSCN0339

乾いた布で拭いてみるとすぐに汚れも落とせます。

DSCN0340

壁をカラフルな黒板にできるチョークボードペイント
アイディアしだいで色々な
ところに使えそうです。
幼稚園や子供部屋の壁が落書きできる壁だったら子供も喜ぶかもしれません。
遊び心満載のチョークボードペイント
DIYが好きな人、壁紙の交換を考えている人
(壁紙の上にも塗れちゃいますよ)
こんな塗料もいいのでは?


   

記事検索